Gacharic Spin

【GS archives】宮城編

ゴールデンウィークが始まりましたね.とはいっても例年のように出かけることもなく,必要な買い物などを除いて只管お家に籠る生活です.

5月6日迄の緊急事態宣言も延長される見込みですし,我慢日々は続きますね…

出かけられない中で,最近流行りのオンライン飲み会なるものにお誘いいただき,何度か参加したのですが,存外楽しいですね,アレ.

多少の音声の乱れやラグがあったりはするものの,飲み屋で喋ってていても周りがうるさくて聞こえなかったりもしますし,ビジネスの場面で使っているわけでもなにので,さほど気にならないですし.

何より外出自粛の中で遠方の知り合いの顔見ながら,お喋りできるのは今の状況下でありがたい限り.自宅なのでラフに自分のペースで飲み食いできて気楽なのがよいところ.

そんな感じでたまに対外的なコミュニケーション取りつつも,基本的には自宅で時間を持て余し気味なので,先月に引き続きGacharic Spin(ガチャピン)がライブやる予定だった場所の過去を振り返ってみようの巻,宮城編です.

過去の宮城でのライブ・イベント

これまで宮城で開催されたライブ・イベントは次の通り.

  • 2010/04/18(sun) 仙台 RIPPLE(対バン)
  • 2010/07/04(sun) 仙台 enn 3rd(対バン)
  • 2010/11/17(wed) 仙台 enn 3rd(対バン)
  • 2011/12/03(sat) MI JAPAN 仙台(イベント)
  • 2011/12/04(sun) 仙台 RIPPLE(対バン)
  • 2013/02/02(sat) スタンプカード50pt達成者限定ライブ
  • 2013/02/02(sat) タワ―レコ―ド仙台(イベント)
  • 2013/06/07(fri) 仙台 MACANA(対バン)
  • 2014/05/13(tue) MI JAPAN 仙台(イベント)
  • 2014/10/03(fri) タワ―レコ―ド仙台(イベント)
  • 2014/10/04(sat) 仙台 darwin(イベント)
  • 2015/10/17(sat) 仙台 MACANA(ワンマン)
  • 2016/05/14(sat) 仙台 MACANA(ワンマン)
  • 2016/08/06(sat) 仙台 匂当台公園(イベント)
  • 2016/10/01(sat) 仙台 darwin(イベント)
  • 2016/11/05(sat) 仙台 CLUB JUNKBOX(ワンマン)
  • 2017/05/03(wed) 仙台 darwin(ワンマン)
  • 2017/09/21(thu) 仙台 MACANA(対バン)
  • 2018/03/18(sun) 仙台 darwin(対バン)
  • 2018/12/01(sat) 仙台 darwin(ワンマン)
  • 2019/09/29(sun) 仙台 darwin(対バン)


場所は全部仙台で,ライブとイベント合わせて21回と回数が比較的多い場所ですね.

初期の頃からコンスタントに対バンライブを重ねており,各地でワンマンライブをやるようになった2015年からは毎年ワンマンも開催されています.

東北の中では交通の便含めて仙台がやっぱりやり易い場所なのだということが伺えますね.

あとはイベントが結構多いのも纏めていて思った点.MI JAPANでのセミナーも複数回開催されていますし,タワーレコードでのイベントも複数回.

他にもフェスへの参加やイベントへのゲスト出演など,様々な形で仙台でライブをしていました.

復活の日

イベントの中で個人的に記憶に残っているのが2013年2月2日のタワーレコード仙台でのインストアライブ.


前年2012年はボーカル脱退によるピンチを乗り越えツアーを完走,その後2012年7月のワンマンを最後にライブハウスでの活動を一時中止,体制の立て直しを図る期間に突入しました.

その期間中に韓国のフェスへの出演と学園祭への出演はあったものの,仙台でのインストアライブが実に3か月ぶりの公の場での演奏.

3か月?そんなに空いてないよね,と思う方もいるでしょうけども,当時年間100本ペースでライブをしていたバンドが3か月ライブをしていなかったので,待っていた身としては結構長く感じていた記憶があります.

しかもその間にサイドプロジェクトとしてDOLL$BOXXでの活動も始まっており,そちらでメジャーデビュー,ワンマンツアーを慣行している状況下で,果たしてガチャピンはどうなってしまうのか,という不安も待ち遠しさに拍車をかけていたと思います.

2013年に入り,アルバムのリリースが発表されたものの,どういう形態での活動となるかは不明のまま,リリース前の予約イベントとして開催されたのが,仙台でのインストアライブでした.

都内を拠点に活動しているのだから,最初の一歩を都内で…とはならずに仙台で,となるのが何ともガチャピンらしいところ.


そして迎えたイベント当日.タワーレコードの店内には自分を含めてあちこちから駆け付けた人が集まっていて,「ここ仙台?」と思う程.


直後のファン感謝祭イベントでパフォーマー2人を迎えた2013 Styleがお披露目されるわけですが,この時点ではまだ何の情報も公開されておらず,インストアライブはもちろん,はなちゃん,チョッパー,TOMO-ZO,オレオ様の4人で.

演奏されたのはハンティングサマーAlive雪泣くメロディーヌーディリズムの4曲.

リリースされるアルバムの曲がお披露目されるでもなく,新たな体制に関する告知がされるわけでもなく,2012年に活動していたスタイルでのアコースティックライブ.

ただそれだけではあったけど,再びガチャピンが歩みを進めだしたことを自分の目で確認したこの時のことはよく覚えていて,以降より全力で応援しようと思ったこと日でした.

思い返すと2012年から2013年頭にかけての出来事により,それまであまり遠征しなかった自分の何かしらの箍が外れて,全国各地駆け回るようになりましたね(笑)


余談ながらこの時の仙台ではもうひとつガチャピンのイベントが開催されています.それが…福袋購入者がもらえるスタンプカードの50pt達成者限定ライブ.

当時は平日の対バンライブもガンガンやっていて,年間通して50pt達成というのはそう容易ではないことでした.私も当然50ptなんて到底届いていません.

初めての福袋のスタンプカードということも相まって,この時の達成者は…

4人.


対するメンバーも4人

演者とお客さんが1:1.加えて開催場所が仙台.色んな意味でレアなイベントだったと思います.

初ワンマン

ライブで印象に残っているのは2015年のワンマンライブ.

ガチャピン史上初のワンマンツアーが行われたこの年,仙台は福岡,広島に次いで3か所目.東名阪以外でのワンマンライブの雰囲気も少しはつかめてきたかな…というところでした.

何が印象に残っているかというと何よりもMC.

この年の夏にパフォーマー,ガチャダン3号としてねんねちゃんが加入して迎えた初ツアーということもあり,ライブの途中で“ガチャダンがMCを担当する時間“の時間が設けられていました.

毎度たどたどしくグッズ紹介するコーナーだったのですが,この日はツアーTシャツを2人で紹介.

この時のツアーTシャツとして黒色と青色の2色がラインナップされていました.その紹介の後,不意に…

『買って次のライブで黄色くしてきた人がいる』


と発言するパフォーマーまいちゃん.

直後私(のTシャツ)に集まる視線.ツアー中はツアーTシャツを着るようにしているのですが,ラインナップに黄色がないときは勝手に染めて黄色くしていて,まさかステージ上からそのことをイジられようとは夢にも思わず(笑)

問題のTシャツ


ちなみにTシャツの染め方については以前ブログで書いています.
(脱色についてはまだ書けていませんのでそのうち…)


通常の進行すらたどたどしいのに,まさかお客さんをイジってくるとは思わず,更にその標的が自分になるとは露ほども思わず,とてもとても驚いたことを覚えています(笑)

その後のライブでは6色に光るペンライトの紹介であえて,紫色だけ飛ばして説明したり,オレオ様イジりが主流となっていくのですが,何故かこの時だけは矛先がこっちに向いていた謎.

そしてこのMCコーナーをチョッパーが毎回点数づけしていて,その点数に一喜一憂している姿は何とも10代の女の子だなーとガチャダンを見ていましたね…


この時のライブで記憶に残っているのはもう1つ.アンコールでの出来事.

メンバーが出てきて,チョッパーから一言

『急遽この曲をやります』


とだけ告げられて始まったのが


あまりライブで演奏される頻度の高くない曲.なぜ“急遽”この曲をやったのかについての説明は一切なし.

分かる人には分かるし,分からない人には分からない.ただ演奏する一挙手一投足,歌う一言一言から伝わってくる心境は察するに余りある程だったのを強烈に覚えています.

演奏された,その意味を,その意義を噛みしめながら,これまで以上に大切にライブを見ようと思ったのが,あの日の仙台ライブでした.

次回の宮城でのライブ

今回開催できなかったライブに関しては他の延期ライブ同様に,別日時での開催を目指して調整中,ということでまだ実施時期は未定となっています.

未だ先が見えない中で,ライブハウス事態の存続も危ぶまれる状況下なので,今はただただ待つしかないですね.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA